ママキャンパーむけ コスパよく冬キャンプに車中泊で安眠する方法

その他アウトドア
スポンサーリンク

車中泊なら、子連れ冬キャンプも安心

ここ数年、アウトドアを楽しむママ初心者キャンパーです。

先日、2泊3日の冬キャンプをしてきました。

キャンプ場の山は、数日前に降った雪がまだ少し残っている状態。

私は、普段雪の降らない地方に住んでいます

子連れで冬にキャンプってどうなの

寒くって子供眠れる?

風邪ひかない?って心配になりますよね

でも大丈夫‼

車中泊にすると、お家にある物を使って暖かく眠れますよ^^

条件

私たちが家族で行ったキャンプはこのような条件でした。

残雪は日陰の部分にあるけど、雪は降っていない

三日間のうち最低気温はマイナス6℃、最高気温は8°c

車はミニバン

車中泊するのは私と4歳の子供が一人

旦那はソロテント

ところどころ残雪あり

最低気温マイナス6℃

車はミニバン

車中泊するのはママと子供一人

車中泊で準備するもの

  • 寝袋
  • マット
  • 家にある羽毛布団
  • 湯たんぽ

これだけです^^

¥1,200 (2022/03/25 06:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

お金をかけないポイント

冬キャンプのために、わざわざ追加でお金をかけたくないですよね^^

家にあるものを使う

  • 羽毛布団
  • 湯たんぽ

車をフル活用する

  • 後部シートがフラットになるミニバンで車中泊
  • 寒くて眠れない時は、車の暖房を使う

手順

  1. 車の後部座席をフラットにする
  2. マットを敷く
  3. 寝袋を広げて敷布団代わりにする
  4. 羽毛布団をかける
  5. 寝る間際になったら湯たんぽを入れる
  6. 寒くて寝れない時は、車の暖房をつける

実践

実践1泊目 夜中、湯たんぽが熱すぎて泣く

  • 1泊目は寒く
  • 最低気温マイナス6°c

寝る30分前に湯たんぽを布団に入れておく

子供の服装はいつも通りパジャマ

20時頃布団に潜る

子供が「湯たんぽを足でふれていたい」とゴネるので子供の足元に湯たんぽを置く

低温火傷が心配

子どもに絵本を数冊読む

顔が寒くて眠れない→車の暖房をつける

車全体が温まり、寝かしつけ成功

低温火傷が怖いので、子供の足元より数十センチ離して湯たんぽを置く

夜中に湯たんぽが暑すぎて子供が起きた

布団全体が暑い!暑すぎる!!

「のど乾いた。暑い!!」と泣くので、水分補給して寝かしつけ

湯たんぽが熱すぎて布団に熱がこもりすぎる

湯たんぽを足元の方に遠ざける

朝までぐっすり眠る

失敗点と改善点

湯たんぽを熱くしすぎた→ぬるくする

子供の足元から30cm離しても熱い→子供の足元からもっと離す

実践2泊目 

  • 夜は0℃
  • 1泊目より6℃ほど暖かい

2泊目は湯たんぽの温度をぬるくした

熱湯2/3水1/3ぐらい

子供の足元から少し離れたところに湯たんぽを置く

子供の服装はいつも通りのパジャマ

車の暖房はつけなくてもすんなり眠れる

子供の足元よりずっと湯たんぽは離す

適度に布団のなかが温かく

朝までぐっすり眠れました^^

今後改善したい点

  • マットが薄めなのでもう少し厚いのを買う→
  • 車の多少のでこぼこにも気にせず、眠れるようにしたい

まとめ 車中泊はお金をかけずに、あたたかく快眠できる!!

わざわざギアを買い足すことなく、お家にある羽毛布団や湯たんぽ、車のフラットシートや暖房を使って、冬キャンプも快適に眠れます^^

車中泊はテントを張らなくて済むのでとても楽チン!

冬キャンプへのハードルも下がります

子連れで冬キャンプを考えられてる方は、ぜひ検討なさってみてください。

冬キャンプは焚き火が気持ちいいし、星空も綺麗なので、慣れてしまえばやみつきになるはずですよ^^

¥1,200 (2022/03/25 06:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

コメント

タイトルとURLをコピーしました